低用量ピル 避妊

PMSや重い生理痛に効きます☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

低用量ピルの避妊効果や仕組み!いつから飲むかなどの情報満載!

ピルの避妊効果と仕組みについて

 

低用量ピルは、避妊効果がとてもあることで有名ですよね。

 

コンドームでも妊娠を防ぐことはできるのですが、

 

装着するタイミングなどによってはほとんど効果が無い場合も多々あります。

 

ですから、ほとんど100%の避妊効果を得るつもりでしたら

 

低用量ピルを飲んだ方がいいと思います。

 

低用量ピルが妊娠を防ぐ仕組みは、

 

黄体ホルモンや卵胞ホルモンを体内に取り入れる事で、

 

体を妊娠しているような状態に錯覚させることで排卵を止めているんです。

 

排卵が止まると妊娠することはありませんし、

 

万が一排卵が行われ、受精したとしても着床することは防いでくれます。

 

一般的に低用量ピルの飲み始めは生理初日からだと言われています。

 

きちんと生理初日に服用を始めた場合、避妊効果が表れるのはその日からです。

 

ですが、心配な場合はきちんと他の避妊具も使用した方が安心だと言えるでしょう。

 

生理初日を逃してしまうと、次の生理予定日まで待たなくてはいけません。

 

これから低用量ピルを飲もうと考えている方は、

 

できるだけ次の生理初日前には手元にあるようにしておきましょう。

超低用量なのに、生理がとっても快適に☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

低用量ピルの避妊効果や仕組み!いつから飲むかなどの情報満載!