低用量ピル 副作用

PMSや重い生理痛に効きます☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

低用量ピルの副作用!太る・吐き気・頭痛などのリスクが少ない薬選び

ピルの副作用について

 

ピルには太る・吐き気・頭痛などの副作用があると言われています。

 

しかし、これは主にピルに含まれる黄体ホルモンや卵胞ホルモンが多く含まれている場合で、

 

排卵を抑制するギリギリの量しかホルモンの含まれていない低用量ピルや超低用量ピルの場合、

 

そんなに重い副作用が出ることは無いと考えていいでしょう。

 

特に超低用量ピルのヤーズの場合、避妊効果はもちろんあるのですが、

 

主にPMSや生理通を軽減するために飲んでいる方が多いです。

 

体調を整えるために飲んでいるのに、頭痛や吐き気の症状が出てしまっては困りますよね。(笑)

 

飲み始めてすぐはなかなか効果を実感できない方も多いようです。

 

ですが、飲んだ後の生理から痛みがほとんどないことに驚かされる事でしょう!

 

低用量ピルを飲み始めると生理の際に量が増えて、期間はとても短くなります。

 

だらだらと一週間ほどかけて生理がやっと終わっていたような人でも、

 

3日もしないで生理が終わってしまうことも。

 

ただ、ピルにはどうしても合う合わないがあるようなので、

 

3ヶ月使用しても合わなかった場合にはほかのピルを使用してみた方がいいかもしれませんね。

 

特に、最近では低用量ピルによる血栓症のリスクもささやかれています。

 

医師に処方され事のない方は、もし体に合わないと感じたら、

 

すぐにお近くの医師に相談しましょう!

超低用量なのに、生理がとっても快適に☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

低用量ピルの副作用!太る・吐き気・頭痛などのリスクが少ない薬選び